英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

08.英語はわかりやすい

英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

英語はとてもわかりやすい言葉です。まずアルファベット26文字で全部済んでしまいます。

日本語が数百、数千という漢字・カナを駆使しなければ話せないとはずいぶん違います。

そして、一見数多くの単語があるようですが、覚えなければならない単語はそれほど多くはありません。

もちろん、哲学論議をするとか、政治経済のことを話し合うとかなら、それなりに難しくなりますが、普通の人の日常会話で使う単語は限られています。

ちょっと難しい単語でも分解して読むと意味が分かることも多いです。

「責任」と訳されることの多いresponsibilityですが、これがresponse(応答)とability(可能性)の合成語です。つまり物事にきちんと応答できる能力のことを責任と読んでいるわけです。

これがわかればposibilityの意味もわかります。

positiveのposiつまり肯定性とabilityつまり能力の合成語で、肯定する能力つまり可能性という意味になります。こんな風に、一見難しい単語でもどんな基本単語が合成されているかを見ていけば、理解はたやすいのです。

もちろん、appleとかorangeのように基本名詞はそのまま覚えなければなりませんが、その数は限られています。

スポンサーリンク

9.最初から完璧じゃなくてよい