英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

35.文化の違いを学ぼう

英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

英会話を学ぶということは、英語圏の文化を学ぶということでもあります。全てにあてはまるわけではありませんが、一般的には日本は仏教文化で、西欧はキリスト教文化です。

この違いは意外と大きいのです。たとえば、「有頂天」という日本語は仏教用語がルーツですが、仏教の教えで言う有頂天と、一般用語としての有頂天は、意味が違います。

普通は英語で仏教の話などをすることは無いと思いますので、一般用語としての有頂天は、英語では「Rapture」ですが、この単語をそのままキリスト教文化圏に当てはめると、「携挙」という教えを指す場合があります。

これは最後の審判のときに、キリストを信じる者が空中に挙げられて神に出会うという信仰の話になります。また、笑える誤訳で聖母の尊称である「Our Lady」を「私たちの女性」としていたり、修道女を意味するSisterを「姉妹」と訳していたり。

とかくキリスト教文化を知らなければ意味が分からない用語が多数あります。

こういった用語は、英会話スクールでもなかなか教えてもらえないので、いろいろな参考書を読む必要があります。勉強ばっかりではイヤになるので、気の向いたときに調べてみるのも楽しいものです。

スポンサーリンク

36.英語ができるようになると