英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

03.学校英語のトラウマ

英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

英会話を学ぶ上で大きな壁になっているのが、中学高校時代に習った英語の授業でのイヤな思い出がトラウマとなっていることだと思われます。

学生時代には、面白くも何ともない英文を読まされて、いきなり訳せと言われます。

しかも教師は文法と単語の意味だけしか教えずに、まるでイジメのように順番に指名して訳させます。

そして間違った訳をすると「なんだ、それ?」「アホかお前」などと馬鹿にします。

これでは英語嫌いになるのも無理はありません。

しかも学校で教えている英語というのは、受験にしか役に立たず、きっちり英文法に乗っ取った直訳でなければなりません。

これでは先に書いた「英語で世界を理解する」ことにはつながりません。どちらかといえば「日本語で英語を解釈する」だけの空しい知識になってしまいます。

そして、「自分は高校時代に英語が2だったから英会話なんて無理」と思い込んでしまいます。でも安心してください。学校英語の知識は英会話には全然関係ありません。学校で習った英文法をきっちり使って外国人に話しかけても、ほとんどの場合は意味が通じません。

しょせんその程度の無意味な勉強だったのですから、学生時代のことはきっぱり忘れましょう。

誰でも英語は話せるのです。

スポンサーリンク

4.頭の良さとは関係ない英会話