英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

26.thとseの違い

英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

どちらもカタカナイメージでは「ス」になりますが、ネイティブスピーカーは明確に分けています。thは舌の先を上下前歯の間に軽く挟んで「スー」と発音します。

hank youをセンキューと発音している人がいますが、これはむしろタザンキューに近い発音になります。

一方でseは舌を前上の歯茎から口の上方部のあたりにくっつけて、舌をつけたまま息を吐くようにします。

seのほうが息が漏れる量が多くなります。また、theは最もよく使われる定冠詞で、ザと表記されますが、これはタズに近い発音になります。

一方似たような発音でzまたは語尾のsは、舌を前上の歯茎から口の上方部のあたりにくっつけ、舌をつけたまま、「ズー」と発音してみることで音が出ます。

sとzは親せきのような関係で、thは全くの違う音になります。

thはどちらかといえば、ツバを吐きかけるような感じになりますので、日本人はどこか不潔な感じがして恥ずかしいように思うかもしれませんが、ネイティブスピーカーを会話するときには遠慮なく、舌を歯で挟んでthと発音しましょう。

スポンサーリンク

27.a(ae)の発音