英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

24.nとmの違い

英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

n はカタカタ表記「エヌ」そしてmはカタカナ表記で「エム」です。

aninnuneでナニヌネノ、mamimemoでマミムメモですが、この通りのイメージを持っていると、変な発音になってしまいます。まず、nはエヌではなく、ェンヌに近い複合子音です、同じくmはエムではなくェンムに近い複合子音です。それではこの2つをどう発音仕分けるのでしょうか。

どちらも、口を閉じて鼻から「ンー」という音を出すのですが、m(エム)は、舌の位置が定位置(というか、自然にゆるんでいる状態)でンーというのに対して、nは舌を上の歯茎に付けた状態で「ンー」と言います。それでは、nの状態で「ア」を発音してみましょう。

「ンナ」となります。これがnaの発音です。

同じようにmの状態で「ア」を発音してみましょう「ンマ」となります。これがmaの発音です。

日本語の「マ」「ナ」とはだいぶん違うようになると思います。

英語の[m][n]は口の奥から鼻のあたりで音を出すので、音がこもる感じがします。余談ですが、この鼻にかかる音を極端に強調するのがフランス語です。nature name mother manなど、全部鼻にかかるンーから派生して発音されるのです。

スポンサーリンク

25.rとlの違い