英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

02.英語で世界を理解する

英会話上達法|スピーキング能力・リスニング能力向上教室

たとえば、赤ちゃんがバブバブ言っているカワイイ盛りに、カタコトで言葉を覚え出すときのことを考えてみましょう。

赤ちゃんはお母さんの話しかける会話から次第に言葉を覚えていくのですが、たとえば、家の「ポチ」という名前のワンちゃんがいるとして、まず身近な人(犬ですが)としての「ポチ」という言葉を最初に覚えます。

続いておさんぽの途中でご近所のワンちゃんに出会って、「ワンワン」という言葉を覚えます。

そして、ウチのポチもワンワンであることを覚えていきます。大きくなれば「犬という生き物がいて、ウチのポチも隣のコロも犬である」ということを理解します。

誰でも物心つく前に経験していることですが、このプロセスは大事です。「イヌ」という言葉を単独で覚えるのではなく、イヌという生き物をみて、そこに名前を見いだすことで、世界の一部を理解するのです。

ここで「犬」という言葉を覚えれば日本語を覚えたことになり、 dogという言葉を覚えれば英語を覚えたことになるのです。

英会話を学ぶということは、単語の日本語訳と文法と発音を覚えることではなくて、dogという英語を通して世界を理解することなのです。難しく考える必要はありません。

犬を指さして「dog」と言うだけで、立派に英会話になっています。

スポンサーリンク

3.学校英語のトラウマ